2号開催報告&会計報告

2号開催からもう2週間が経とうとしています。準備は延々、当日はあっという間、その後はバタン。ようやく体力が回復してきたので、当日を簡単に振り返る次第です。
ちなみに写真を撮るヒマもなかったので…と思ったらゴテキング様が当日撮った写真を送ってくれましたよ!ありがとうございます。

7時設営開始。テーブル出しから作業を始める。机が平積みになっているのでとにかく力仕事。約30回運んでは組み立てを繰り返し、持ち込んだリールを各島に渡してテーブル設営完了。
ぼちぼちサークル様が入り始めるので、受付作業と並行して、本部設営開始。受付では入場券と公式カタログの準備。本部は68が2台とCoFilint、マイコンソフト様から委託頂いたXPC-4、手製の5インチフロッピーのエンベロープを並べる。

9時、本部はそれなりに何とかなるが、他のサークル様の出足はバラバラ。もう設営完了している所から、まだ誰も来ていない所まで様々。というより準備会メンバーもまだ来てなかったりする…。10時にスタッフ打ち合わせ。とにかく出足がまったく読めないので、お客様の誘導など臨機応変に行うことを周知する。

1階に下りてみると…、イベント待ちの人であろうか?十数人が待っていた。声をかける。「レトロエクスプレス、まもなく開場となりま〜す」みんな反応。お客様らしい!少なくとも1号の時よりは来場者が増えそうな予感。

7階に戻って、開場5分前のコール。サークル様はみな準備整っていた。あとは時計とにらめっこ。11:00に開場コール「ただ今より、レトロエクスプレス2号を開催致しま〜す」

あっという間にこんな感じ。

DSCN4643a

入場券&抽選券番号50番まではサークル様企業様および運営なので、推移を見ていたが、すでに100番を超えていた。1時間で150番を突破。

本部のXPC-4特価品は即売り切れて、通常の特価品も順調に売れゆく。クーラーを最強にするが、暑い。この混雑にも関わらず、子連れのお客様が数組来場して頂いた。裏の休憩スペースに案内する。各ブースのゲーム体験コーナーには学生さんなど若い人が多数。逆に新鮮なのかな?

あっという間に15:00のプレゼント大会。会場の人口密度はピークに達する。ここで問題発生。混雑を予測して、当選番号をtwitterで流すと案内していたのに、当のtwitterにつながらない。進行と放送を同時にやっているので、大会を遅らすわけにもいかない雰囲気。

DSCN4678a

致し方なく、抽選開始。EXPERT II HDと初代が真っ先に出て、自転車創業様提供のゲームもあっという間。お客様提供のPS2開発キットや88FH、SunのSparc Station 10も貰い手がつく。本職の方から提供頂いたオパオパの本革キーホルダーも。それからはあやよさん争奪大会と化す。5インチ98版に始まって、TOWNS版が人気。グッズセットもあるよ。

抽選は20回くらいで落ち着いてきたので、あとは欲しい人ジャンケン。プレゼントコーナーはほぼほぼすっからかんになって無事終了。

そこから人出が減らないのがこのイベント。すでに入場券番号は350を突破し(実質300人)、チケットが足らない事態に。受付があわててメモを取るも、最終的な数字はわからず。あとで会計の値から割り出すことに。

17:00名残惜しくも第1部終了〜。引き続き第2部の準備へ。しかし準備時間が30分だったのが短すぎた。ここも反省材料。結局一部サークル様の撤収ができないまま、第2部へ。

17:30から第2部「はっちゃけあやよさん25周年記念イベントbyゲー音部」。このタイトルで受けて下さったゲー音部の皆様に感謝。ここからはマイクを渡して、自分は聞いてるだけ〜…とは行かず、新たに来られたお客様の案内に当たる。

1時間半もあっという間で第2部のライブも盛況のうちに終了。リクエストアンケートをうまく配れず、アドリブを余儀なくされたにもかかわらず、うまくつないで頂いたゲー音部の皆様に感謝と陳謝。そして最後の反省点へ…。

「これをもちまして、ゲーム…」

全員爆笑。ゲーム…って何だ?どこのイベントだ?

レトロエクスプレス2号と言い直して冷や汗のうちに終了。撤収を手伝って頂いた皆様に感謝。2人だと時間かかるな〜と22時まで借りていた会場の撤収が20時過ぎには終わっていた。準備会メンバーにもお礼を言って無事終了致しました。

お越し頂いた皆様、ご出展頂いた皆様、本当にありがとうございました。

最後に簡単ながら会計報告〜。会場下見に要した交通費など細かい部分は省いておりますのでご了承下さい。また入場者数も走り書きのメモと残金からの推定値です。

収入の部:

入場者数 328名×500円=164,000円
公式カタログ 129部×500円=64,500円
企業様ブース 3ブース×10,000円=30,000円
サークル様ブース 16ブース×2,000円=32,000円
協賛金(匿名の方もおられるので概略) 70,000円

合計 360,500円

支出の部:

会場費用 89,100円
プレゼント調達費用(概算) 20,000円
印刷代 42,000円
広告代(ゲームラボ、連続出稿+協賛価格) 250,000円
宣伝費用(冬コミ+ゲームレジェンド2回概算) 20,000円

合計:441,100円

てな感じでした。 写し間違いがあったらご容赦下さい。ぱっと見広告代がかさんでおりますが、とんでもないスペースを頂いた上に、割引までして頂きました。2発の大広告無しにはこの入場者数はあり得なかったと思います。(株)三才ブックス様、本当にありがとうございました。

となると、次はいつ〜?なのですが、まだ詳細未定です。とりあえずゲームレジェンドと間隔をあけるために2015年6月28日(日)@秋葉原を予定しておりますが、冬に大阪で?という機運が主にtwitter上で盛り上がっておりまして、この辺はまだ流動的です。

また来年秋葉原でやるにしても会場が課題となります。正直入場券がなくなるほどのご来場を頂けるとは思っておりませんでした。この入場者数に対して今回の会場は狭すぎたと思っております。ただハンドレッドスクエア様より広い所となると、お値段的にもケタ違いになってくる点、さりとて1号の晴海の様にアクセスが悪いと出足が悪くなる点、この辺りのバランスを取る解をしばらく模索することになりそうです。

とりあえず6月は残務の片付けに頂いて、来月以降、3号の準備に動くことになりそうです。今後ともご出展、ご来場をお待ちしております。まずはありがとうございました。